今年の予想問題演習
帰国生入試小論文では、昨今の時事的な問題や現代社会における定番のテーマが出題されることが多いです。そこで、今年出題され...">

logo

COURSE

コース紹介

小論文予想問題演習講座 7月12日(月)~16日(金)

本講座の内容と特徴
  • 小論文
  • 日本語

今年の予想問題演習
帰国生入試小論文では、昨今の時事的な問題や現代社会における定番のテーマが出題されることが多いです。そこで、今年出題される可能性の高い予想問題の演習を行います。この講座で扱う問題のレベルは、偏差値50~65程度の大学の過去問です。難易度をずらして出題する為、幅広いレベルに対応した実践演習の講座になっています。

開催国
オンライン開催のため、受講者の滞在国は問いません。
開催場所
オンライン開催のため、各自任意の場所で受講可能です。
受講形態
オンライングループ指導
オンライン個別指導(個別講評)
科目
小論文
使用教材
オリジナル教材
対象者
対象者
・今年度の大学受験生
・来年以降の大学受験生

対象試験
・帰国生入試
・総合型選抜、AO入試
・推薦入試
・その他、小論文試験が課される入試
授業内容
【手書きの小論文解答力の養成】
本講座では、本番を想定した小論文問題演習を行います。帰国生入試では模試などがないため、本番の様に手書きの答案を作成する機会は少ないです。しかし、本番まで手書きをする経験がないとパソコンやタブレットなどで答案を作成すのとは感覚が異なるため、うまく答案を作成できないことを珍しくありません。そこで、この講座では手書きで答案の作成を行うと共に、個別に答案に対する講評を行います。

【充実した問題演習後の課題学習】
個別講評の時間で、課題を課します。自己採点や類似問題の解答、解答の参考となる記事や論文などの読解を課し、ノート整理を行ってもらいます。問題を解くだけではなく、解答直後の知識が入りやすい時間帯を有効に活用します。

【本コースの進め方】

①解説
・・・解説の時間では、小論文の書き方や解答にあたっての注意点、出題テーマに関するヒントなどを解説します。小論文では、答案の形や方向性を大きく間違えると0点答案になってしまいますので、大きなミスを防止するためのアドバイスが中心です。

②答案作成
・・・答案作成の時間では、帰国生入試の過去問に対する答案作成を手書きで行ってもらいます。解答用紙については、罫線用紙や原稿用紙のデータを事前に配布する予定ですので、各自印刷をするようにお願いします。※印刷が難しい場合には、ノートやルーズリーフを活用して頂いても構いません。 また、緊張感をもってもらう為に、ZOOMにビデオ付きで接続してもらいオンラインで試験監督を受ける形をとります。

③解答例解説・質疑応答
・・・参考答案を用いてどのような方向性で解答するべき問題だったのかを解説します。また、受講生からの質問を受け付けます。

④個別講評・自己採点・参考文献読解・応用問題演習
■個別講評・・・受講生全員に対して答案に対する個別講評を行います。毎日1人15分程度実施致します。個別講評では、答案に対する評価、改善するためのアドバイス、質問を受け付けます。

また、待機中の受講生には以下の課題を課します。
■自己採点・・・採点基準シートに基づく自己採点を実施してもらいます。
■参考文献読解・・・解答の参考になる論文や記事などの読解と読解ポイントをまとめたシートをお渡しして、情報の整理を行ってもらいます。
■類似問題の解答・・・答案作成時間に取り組んだ問題の類似問題に対する答案作成に取り組んでもらいます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆詳細についてはご案内をお送りいたします
資料請求フォームに必要事項をご記入の上ご送信ください。

(※ご質問、ご相談に関しましてはお問い合わせフォームよりご連絡ください。)

入試コース一覧戻る

お電話

お問合せ

資料請求