logo

COURSE

コース紹介

オンライン週末グループ講座 ~論理的読解力&小論文解答力 養成講座~

本講座の内容と特徴
  • 出願書類
  • 面接
  • 日本語
  • 国語
  • 小論文

本講座では、TOEFL・IELTS などの英語長文や現代文・論説文の読解に必要な論理的読解力の養成、難関大学の課題文型小論文の解答力の養成、書籍の読解を通じて得た教養を活用しての小論文解答力の養成を行う3つの講座を開講します。本年度受験生はスコアアップ・志望校合格に向けて、次年度以降の受験生は受験勉強の足掛かりにご活用ください。

【高校2 年生以下の生徒の皆さんへ】
昨今の帰国生入試は、大学の入学定員厳格遵守の影響を受けて、競争が激化しております。特に首都圏・関西圏などの大都市に所在するの大学は、偏差値50 程度の大学でも容易に合格できません。その為、日頃から受験への意識をもって少しずつでも準備を進めていくことが重要になります。昨年の週末特別対策講座でも、受験生だけでなく高2以下の生徒も積極的に参加していました。受験生と一緒に勉強しながら、早めに対策を進めていけば余裕をもって受験に臨むことができます。将来、大学受験を行う予定があるならば、是非この機会を活かして受験勉強をスタートさせてください。

開催国
オンライン開催のため、受講者の滞在国は問いません。
開催場所
オンライン開催のため、各自任意の場所で受講可能です。
受講形態
オンライングループ指導
科目
小論文・国語
使用教材
過去問題等
対象者
帰国生入試を受験予定の方
日本語力、論理的思考力を高めたい方
授業内容
「論理的読解力養成講座」 学力の基礎は読解力にあり!
帰国子女入試では、多くの大学、学部で英語スコアの提出が必要となります。しかしながら、英単語・英文法学習を行っていてもスコアが伸び悩む生徒がいます。その原因は母語における論理的思考力が不足していることにあります。この講座では、現代文・課題文型小論文のみならず、各種英語外部試験のリーディングとライティングの土台となる論理的読解力を養います。
【授業の進み方】
ゼミ形式で授業を進めます。事前に課題を出題し予習をお願いします。授業では、答え合わせと課題への解答に対する根拠を確認します。自身の読解プロセスを見つめなおすことで、文章の構造を把握できる力を養います。本講座を経ることで、TOEFL10 点、IELTS1.0 点のスコアアップが期待できます。
【主な内容】
・論理トレーニング(接続詞の理解、文章の主張構造の把握) 4 回
・帰国生入試現代文対策(早稲田大学、他) 4 回

「書籍読解/小論文解答力養成講座」 知識と教養を身につける!
帰国子女入試小論文では多くの大学・学部で、日本社会や国際社会の問題が出題されます。内容も様々であるため効率的な学習には、社会全体における時事問題の位置づけを理解することが必要です。そこで、日本史とグローバリゼーションという国内外の教養の軸になる2 つのテーマを扱った書籍の読解を行い、その知識を活用して小論文の過去問に取り組むことで、教養と運用力を養います。帰国生入試では、面接でも近時の時事ついての理解が問われることがありますし、直接問われなくても日本史や世界の動向に対する理解を示すことは、高い評価に繋がります。
【授業の進み方】
毎回、指定したページの事前読書をお願いします。授業では、読書内容の解説と過去問との関連性を解説します。授業では主に知識の吸収・整理に勤めますので、授業後復習として各自で答案を作成することをお勧めします、作成した場合、留学館本部にて無料で添削を行います。
【主な内容】
・ドナルド・キーン著『果てしなく美しい日本』の読解を通じて、日本の近代史について学びます。 4 回
・アマルティア・セン著『グローバリゼーションと人間の安全保障』の読解を通じて、グローバル化に関連する問題に対して、テーマを問わず読解できる様になることを目指します。 4 回

「課題文型小論文解答力養成講座」 難関校の小論文を解く!
帰国子女入試で頻出の課題文型小論文の解法を身に着けます。文章要約と意見文の作成というオーソドックスな出題形式を採用している難関大学の過去問を活用し、実践的な解答訓練を行います。本講座では、要約の問題を扱う際に、文章構造や主張構造の理解を問う為、初学者の方は「論理的読解力養成講座」の同時受講をお勧めします。意見を問う問題を扱う際には、答案作成メモの作り込みを行いますので、初学者でも答案の作成の仕方が身に付きます。この機会に難関校の問題を解答する感覚を養ってください。
【授業の進み方】
毎回、課題を出しますので、授業前に自分なりに答案作成に取り組んでもらいます。授業では主に課題文の理解と解答を目指し、受講者全員で各問題の検討をしていきます。授業後復習として各自で答案を作成することをお勧めします。作成した場合、留学館本部にて無料で添削を行います。
【主な内容】
・早稲田大学過去問 3 回
・GMARCH、関関同立過去問 5 回
入試コース一覧戻る

お電話

お問合せ

資料請求